プノンペン水祭り事故の続報

今日は、国民服喪の日。
学校とかは休みになったのかな、カラオケ店とかバーとかは営業に制限があるようだけど、
普通の店とか企業は通常営業、休みにするかどうかは自主判断のようだ。

テレビで何度も流れた追悼式でのフンセン。
いつになくきちんと心がこもっているように見える。

国営チャンネルはずっと追悼式の様子とか事故関係を。
CTNでは昨日からすべての番組を中止して、募金を呼びかけるチャリティー番組。
というか誰がいくら募金しましたという読み上げがメイン。
その他のチャンネルは結構普通。

シェムリアップのローカル局でも、事務所前にテント張って募金の呼びかけしてる。
でもそのチャンネルで放送してるのはいつものお気楽な中国映画。

ラジオでは、というかいつも嫁が聞いてるラジオ局がそういう系なのかもしれんが、
徹底して事故は政府の責任だと。
国王からの遺族への見舞金400ドルはすでに渡されているのに、
フンセンが言った1250ドルについては具体的な話は何も決まってなく、
どこかでうやむやになるか、誰かのポケットに入り込むぞ、とか。

もうひとつ、さすがの私も眉をひそめた不謹慎なラジオネタ。
事故の起こったダイヤモンド島とその周辺は、
開発のために強制立ち退き問題が多くあった場所で、
無理矢理住むところを取り上げられた住民たちの強い怒りと恨みが
呪いの力となって今回の事故を起こさせた、とか。
だから、今後ダイヤモンド島の開発を続けようとしても、
また呪いの事故が起こって大変なことになるぞ、と。

まだ事故がおきて3日目。
すでにダイヤモンド橋という名前の橋はクマオイ(おばけ)橋と呼ばれている。
これからどんな話が出てくるか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。