ポイペト生活中盤

この一週間のポイペト滞在中に、いくつかあるカジノを毎日一軒ずつまわって紹介しようと思ってたけど、ホリデーパレスだけがやたら居心地いいので、他のカジノが探検できない。

結局、昨日も日本食ランチして、いつものカフェに出勤。
トンカツ定食うまかった。
正確には定食メニューは無く、単品トンカツとご飯と味噌汁を別にオーダー。
ちょっと高くついたけど、それでも日本円で500円くらいだ。
キャベツの千切りじゃなくて、ニンジンとたまねぎの千切りも混じって
ドレッシングがかかっていたけど、まあそのくらいは許す。

今日はさすがに違うところでランチ。
カンボジアのイミグレに一番近い、ダイヤモンドとその対面にあるカジノビルを結ぶ
中空通路にあるフードコート、クーポン食堂。
クーポンっつーか最近タイでも多いカード式。
メニューは、まあ普通のバンコクのフードコートとおんなじ感じかな。40バーツ~。
ご飯もの、麺もの、ぶっかけ系、デザート、飲み物、10数軒の屋台風店舗が並んでる。
プノンペンのフードコートみたいに店だけいっぱいあってみんなメニュー同じってわけではなく、
ちゃんとしてる。

ちなみに、ポイペトにはもうひとつフードコートがあって、こちらは屋外、
カジノの裏手、国境の通りから一本北に入ったところにある。
ここは以前クーポン式だったが、つい最近カード化された。
カジノのところのよりちょっと安い、30~35バーツ。
欠点は、ほとんどの店舗が夜しかやってないこと。

ランチ後に、ちょっとカジノを巡ってみたが、落ち着けるカフェは
やっぱりいつものホリデーパレスにしかない。
どこのカジノもたいていカフェコーナーみたいのはあるが、卓やマシンのすぐそばに、
ちょこっと椅子とテーブルがあるだけ。
ちゃんと店になっててソファがいくつかあるのは知る限りここだけ。

ここパレスカフェのさらなる優位点は、隣に同経営と思われるベーカリー&ケーキショップがあって、
ちょっと何か食べたくなったら、隣で買って持ち込めること。
いや、持ち込めるのかどうかは知らない、勝手に持ち込んでる。

こんな毎日昼から夕方まで居座ってて、店員のカンボジアのお姉さんから変な目で見られやしないか
気になってたが、他にも毎日入り浸ってるタイ人とかいるっぽいので気にしない。

お姉さんたちは、おしゃべり中はクメール語なのであきらかにカンボジアの方々だと思うが、
注文をとるときはタイ語で話しかけてくるので、こちらもタイ語で応えてる。
特に意味は無い。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。