バイクのヘルメット着用義務化

こないだ法整備されたバイクのヘルメット着用は、かなり厳しく運用されている。
毎日プノンペン市内各所にポリが待機していて、ばんばん取締りしている。

みんな、ポリさんの気配を感じると、いそいそとヘルメットをかぶりだす。
だいたい取締りしているところは決まっているしね。

効果は満点で、ヘルメット所持率は9割を超える感じ。
しかし、そのうち常に着用しているのは6割くらいだが。

取り締まりポイントで信号待ちとかしてると、捕まる若人をたくさん見ることができる。
警察にとっちゃいい小遣い稼ぎだから、容赦しない。

今朝、キャピトルからセントラルマーケットの方まで、顔見知りのバイタクに乗って移動してたら、
前方に取締り中の制服の皆さんを発見。
このバイタクのおっさんはヘルメットをかぶっていない!
これはまずい、と思っておっさんに「ヘルメットは?」と教えてあげるも、もう遅いかも。

おっさんはうなずきながらもそのまま直進。
あーつかまるな、これ。

警官と目が合う、
が、そのまま通過。
あれ?

おっさんが一言、
「スコアルクニア(知り合い)」
なんだい、そりゃ。

1件のコメント

  1. バッタンバンで聞いたら、「そりゃプノンペンだけだよ」って言ってたけど、たぶん違う。
    シェムリアップは捕まると思うなー。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。