カンボジアでとうとうひったくりにやられた

とうとうやられた。
ひったくり。
もう数日前だけど。

夜、日本人とかと歩いてたら、後ろから静かに近づいてきた2人乗りバイクに、
腰につけてた小さなバッグを。
ベルトホールにボタン3つでとめてたんだけど、ぶちぶちぶちっと。

いやーちょっと気が緩んでたかな。
いかんいかん。
怪我しなくてよかった。はじめから追いかけたりする気はなかったけど。

被害は、小バッグに、メモ帳、ミニボールペン、ウェットティッシュ、ポケットティッシュ、
歩き方の最初についてる地図1枚、名刺15枚、50BのLEDライト、イブ2錠、ねこのえさ。
財布とか携帯とかはポケットに入れているので無事。
不幸中の幸いというか、盗ったほうもがっかりだろう。
どうせ中身チェックしてそのままどこかに捨てるんだろうから、返してほしいよなー。

なんかー、いろいろ話を聞いてると、ほんとにここ数ヶ月、ちょっと治安が悪いっぽい。
日本人の中だけでも、被害の話をよく聞く。
半年前と比べても、なんか街の空気がちょっと違う気もする。

そんで、ほんとの怖い話はここから。

先日、キャピトルのレストランで知人とご飯を食べていたら、レストランのすぐ脇の道路で、
ガシャーンと、バイク事故のような大きな音が。
瞬間的にそちらを振り向いたら、
体勢を立て直してあわてて走り去ろうとする男2人組、手にはバッグ。
バイクの後部座席から落とされた女性、立ち上がって叫びながら走って追いかけだす。
別にこけてるバイクがもう一台。

あーひったくりだ。

すると間髪をおかず、周囲にいたバイク、キャピ前のバイタクが、一斉に追跡開始。

そしてさらに、道路にいたおっさんがいきなり発砲。
水平じゃなくて斜めだったので一応威嚇射撃。
飯食ってる私の10mくらい前で。いやーびびった。

またたく間にあたりは数百人の野次馬で騒然とした。

すぐ先でバイク隊が犯人を確保したらしい。
もうひとつの野次馬群がぞろぞろと戻ってきて合流。
ちょっとかっこよかったなー、この時のバイタク連中。

警察が駆けつけてなんだかんだやって犯人連行するまで数十分、
ものすごい人数の野次馬で、興奮気味の状況伝言ゲームがあちこちで。

巻き込まれてこけた人は、足を引きずりながらまたバイクに乗って帰っていった。
それにしてもあの発砲したおっさんは何者だったんだろうなー、
制服じゃなくてただの白いTシャツのおっさんだったし。

ほんと、気をつけなきゃね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。