カンプチア人民共和国

圧勝するのはわかってたけど、そんなに集めちゃったかー。
遺跡を使ってナショナリズムに訴える作戦は大成功だったね。
タクシンの金もかなり動いたんだろうか。

どっかで拾った誰かの確かな予測。

人民党 90
フンシンペック 2

ラナリット党 2
サムレンシー 26
ヒューマンライツ 3

こうなりゃもう連立組んでる必要ないから、フンシンペックは野党転落だな。
もしかするとどっかが吸収して党ごとなくなるかも。

ラナリットは心配してたけど、そうか、そんなにだめか、もう。
ねー、カンボジアの人たちは純粋だから、変な噂にころっと騙されちゃうのね。

ケムソカーは、まあこんなもんだろ。初めてで議席がとれれば。
ずっとがんばってても1議席もとれない政党もたくさんあるし。

サムレンシー+ヒューマンライツの革新票の読みはなんとなくあたったか。
サムレンシーはまあ順調に強いな、なんだかんだ言われても。
シェムリアップでこないだ選挙の話をしていて、サムかケムかで、
「やっぱりサムレンシーには実績があるから」
って声がすごい多かったから、まあヒューマンライツはこれからかね。

さて、そろそろどうやったらあの独裁者を葬り去ることができるか、
みんなでちゃんと考えないとやばくなってきた。

プレアヴィヒア?あそこはもう選挙で有効活用できたから、
サマック&タクシンに優位になるような動きするんじゃないかな。
もう今日から派手に動くかもね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。