早朝ごみ拾い

夜中にスタンミエンチャイのごみ山いってきた。

理由はこのへん。
・プノンペンのごみ収集って、もう夜の2時くらいからトラックが動いてる。
・高価値のごみはトラックから落とされるその時が狙い目。
・つまり真夜中もごみ山では人々が働いてるはず。
ということで。

はい、興味本位ですよ。
カンボジアのことなら何でも知っておきたい私。

しかし、「プノンペンは治安が超悪い」というのが大嘘でも、
夜中のスタンミエンチャイ地区はちょっと別。
バイタクもあまり行きたがらないし。
ごみ山だって、真っ暗なところで何が起こるかわからない。
まさに無謀。
なにかあったら、「バカな日本人が…」っつって報道されまくり。

そこで、パーティーは3人。
比較的大丈夫かもしれない朝4時くらいに出陣。
装備は、いつなにがあっても大丈夫なように。
というわけで私はカメラ無しで行ったので、写真がない。
知人にもしものときの遺言も託した。

トゥクトゥク1台目、腕時計を確認して「怖いから嫌だ」と断られる。
2台目、なんとか入り口まで行ってもらえることに。

4時半。
アプローチの道は水溜りというか、ヘドロ溜りでどろどろ。
トゥクを降りて、道路の一番はじの乾いたところを慎重に進む。
みんな懐中電灯だけが頼り。

そして山の頂上へ。

たくさんの方々が働いていた。
真っ暗い中。
ヘッドライトを装備して。
昼間よりは少ないようだけど、それでも100人くらいはいたような。
ごみのトラックも次々とやってくる。

じっくり、働く姿を眺めさせてもらっていると、徐々に太陽が。
ごみの山、遠くにプノンペンの灯り、朝焼けの空をバックに働く人々のシルエット。
言っては悪いかもしれないけど、カンボジアでいままで見た中で一番美しい風景だった。
アンコールワットの朝日なんてすっぽん。

今回発見したこと。
・暗いと蝿が飛んでない。
・夜中はやっぱり子供は働いていない。
・みなさんの朝食、山の上、ごみを落としてる10m脇に屋台、ぶたごはん1000リエル。

これを読んで、行ってみたいなと思った人。
昼間はいいけど、やっぱり深夜はやめたほうがいいっす。
今回は大丈夫だったけど、あの周辺地区の夜の治安はほんとやばいらしい。
一応ね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。