あいかわらず

プノンペンは暑いよなー。
昨日おとといとバッタンバンにいて、「あー10月後半ともなるとさすがのカンボジアも過ごしやすくなるんだねー」なんてのんきに構えてたら、プノンペン酷暑!やだなー。

1枚目、早朝のポイペト。人がいない。

2枚目、野菜。これがあるってことは何を注文したのかわかればカンボジア人。

3枚目、バッタンバンでいいとこ見つけた。池みたいなとこに東屋があって、目の前には線路がはしってるの。これだけで十分デートスポット。

今回の行程でいろいろ気になった事メモ。

タイのスワンナプーム空港のあれこれが変わってた。
以前は都バスに乗るのに公共交通センターまで無料シャトルバスで行かなければならなかったのに、いつからか都バスが直接空港に寄ることに。
どうりでシャトルバス乗り場がやたら縮小してると思った。
でもそれならそれで、なにかしらアナウンスがあってもいいのに、無駄に公共交通センター行っちゃったじゃないか。

夜便でバンコク着いて、そこからカンボジアに入るいつものルートはいつもどおり。
北バスターミナル行って、夜中3時30分のバスに乗って、朝7時ころに国境着。もう目を瞑ってても行ける。でもいいかげん飽きた。
前回、1年マルチビザを取得していたので、国境は楽々通過。
このカンボジアビザは使えるね。成田でも、「帰りのチケットが無いと…」なんて面倒なことを言われかけたが、カンボジアビザを見せたらすぐ解決だったし。

ポイペトでは勝負。
目標、バッタンバンまで200バーツ。
いままでは客引き無視作戦で押してたのだが、今回はクメール語ばりばりしゃべる作戦で。
結果、バッタンバンまで相乗りタクシー150バーツ。
OK。
でも、ほんと、疲れるんだよねー、このポイペトでの交渉。

バッタンバンは相変わらず。
何も無いけどいいとこだよなー。
サンライズカフェは相変わらずファランだらけ。
今日の朝食はバス乗り場で、竹筒ごはんと葉っぱに包まった肉片の2大バッタンバン名物を。これでデザートにオレンジ食べたら完璧。

プノンペンでは、キャピトルバスの到着場所が変わっていた。なんかスタジアムの方にバスストップができてた。
ゲストハウスに近いからわざわざキャピトルバスに乗ってきたのに、これじゃ意味無いじゃん。

とにかくさー、暑いのが嫌なんだよプノンペンは。
甘ソーセージ炒飯でも食べに行こっと。

コメントを残す