1秒の世界II

テレビ観る前にちょっと。

スタンミエンチャイ、どういう風に扱われるのかなー。
だいたい想像つくけど「ゴミの中に住むかわいそうな人たち」なんだろうなー。

「あのゴミ山で生活してる人たちはカンボジアの最下層ではない」
ってことを少しでも匂わせてくれればうれしいんだけど。

もちろん不遇な人たちもいるだろうし、影でNGOなどがきちっと支援しているからこそある程度の生活水準を保ててるわけなんだけど、彼らの多くはきちんとした職業としてゴミ拾いをしているわけで、汚いってだけで彼らをあわれむのはちょっとなー。見た目のインパクトは大きいけど、実はきちんと収入を得てまともに生活してる人が多い。
子供たちの問題もあるけど、ゴミ山以外でも働いてる子供ってのはたくさんいるわけだし、街中のストリートチルドレンとかとはだいぶ立場も違うし。
むしろ地方の農村から、あそこにいきゃ金になるってんでわざわざ移住してくるくらいなんだから。わかりやすいからかいろんな団体からの支援とかも進んでいて、ゴミ山に住めれば幸せってなぐらいだ。

地雷の話は、あまりここじゃ触れないほうがいいかな。
ただあの周辺の人たちがたまに言う「政府はまともな地雷処理をしてない」っていう妄想を堂々とテレビで垂れ流さないようにだけしてほしい。
CMACは、軍隊との関係とか組織的にはあまりよくない部分もあるけど、他のどんなNGOとかよりきちんと大掛かりに活動してるんだから。

つーかこんな余計なこと考えさせる以前に「戦争はやだねー」だけで終っちゃう可能性もあるけど。

↓ゴミ山の写真とか
http://photo.cambodiarasse.jp/thumbnails.php?album=12

観た後の感想:

予想以上にひどい番組だった…
こんなの観て1秒1秒を無駄にするなってことだな。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。